4ボールファウンテン中にカスケードっぽい投げ方を混ぜてみよう【5ボールカスケードへの道】

5ボールカスケードの練習・4ボールでカスケードっぽく投げる

4ボールファウンテンの途中でボールをカスケードっぽく交差させてみましょう

ウサギくん

カエルくん

ん〜なんかむずかしそう!

4ボールで5ボールカスケードの練習【55550】

まずはどんな技か見てみよう

こんな感じです(ちょっと助走が長くてすいません)

ウサギくん

カエルくん

ほえー
5ボールカスケードの軌道を投げる前後でファウンテンが崩れなければかなりいい感じでしょう

ウサギくん

ここでの練習の流れ

  1. まず単発でやってみる
  2. ファウンテン中に組み込む

まずは単発でやってみよう

最初はこんな感じにフラッシュっぽく単発でやってみましょう

ウサギくん

均等なリズムで投げ上げ、キャッチも同じリズムでできればOKです。

この練習は5ボールカスケードのフラッシュの練習にも直結します。

ただし、どちらかの手はボールを3つ持ってのスタートとなります。かなり感覚が変わるためコントロールが難しくなります。フラッシュに取り組むときにはそこは覚悟して練習しましょう!

ウサギくん

カエルくん

うへ〜5ボールのフラッシュまでが遠すぎる〜
もちろんいきなりフラッシュをやってみても構いません。感覚的にできそうだと感じたならフラッシュの練習に入ってみてもいいと思います。できるイメージができなかった場合は外堀からしっかり埋めていきましょう

ウサギくん

カエルくん

は〜い

ファウンテン中に組み込む

最初に見てもらいましたが、続いてはこんな感じです

ウサギくん

カエルくん

リズムよくやるのが難しいな〜

力んで強く投げ過ぎたり、逆に弱すぎたりということがないように均等に・正確に投げるための出力の感覚を磨いていきましょう。

またいつもどおり、以下2点を思い出しつつ取り組んでみてください。

  1. 肘は脇にそっと添える
  2. 頂点を視界に入れつつぼんやり全体を見る

まとめ

5ボールカスケードのフラッシュに向けて、ボール4つでフラッシュっぽい投げ方を練習してみました。

単発でやってみて、その後ファウンテンに組み込んでみてください。

しっかり投げられるようになれば、このあと練習していく5ボールのフラッシュ・ジャグル、そしてキャッチ数を伸ばしていく段階で大変役立ちます。

頑張って取り組みましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA