ボールを2つ使う練習【3ボールカスケード】

カエルくん

つぎは2つだね!
早速やってみましょう!

ウサギくん

2つのボールで、連続で投げる感覚を身に着けよう

今回のポイント

  • 2つのボールで、いくつかのパターンの投げ方を試してみよう
  • 目でボールを追わず、ぼんやりと全体を見るイメージで
前回のポイント「肘をあまり動かさない」も思い出してくださいね

ウサギくん

まず2つ投げ上げてみよう

こんな感じです

ウサギくん

テンポよく2つのボールを投げ上げてみましょう。

2つのボールは同じ高さに、かつ同一平面上を移動させるイメージを持つときれいに投げられるはずです。

カエルくん

ほいほい
投げ出しは利き手からでも非利き手からでも構いません

ウサギくん

目でボールを追わず、ぼんやりと全体を見るイメージで

カエルくん

あれ? どのボール見ればいいの!?
ひとつのボールを追わずに、全体をぼんやりと捉えるのがポイントですよ

ウサギくん

カエルくん

ふむふむ

つづいて練習バリエーションを紹介していきます。

片手に2つ持って投げ始めてみよう【重さに慣れる】

カエルくん

お、投げ出しが重くなった!
この感覚になれることも重要なのです

ウサギくん

追いかけっこ【高さやテンポをキープ】

続いてのバリエーションは「まず2つ投げ上げてみよう」のところでの投げ方のまま、しばらく投げ続けてみましょう。

高さやテンポが安定していると、ボールがボールを追いかけるように見えます。

カエルくん

ちょっとだけむずい!
がんばりましょう!/say]

まとめ

  • 目でボールを追わず、ぼんやりと全体を見るイメージで
  • 2つのボールで、いくつかのパターンの投げ方を試してみよう

2つのボールの投げ方は覚えられたでしょうか?

いくつか紹介しましたが、これらでボールを投げる感覚をどんどん吸収していきましょう。

また、あまりボール2つで立ち止まらずに、3つ使う練習に入ってしまったほうが早いこともあります。

[say img="https://www.otemoto.yozoutsutsu.com/wp-content/uploads/2021/02/usagi-hidari-min.png" name="ウサギくん" from="right"]次は3つ使った練習を始めましょう

ウサギくん

カエルくん

おーいよいよ3つ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA