3ボールカスケードを習得しよう【フラッシュ→ジャグル→100キャッチ】

【ジャグリング】3ボールカスケードの練習方法【フラッシュ・ジャグル・100キャッチ】

いよいよボールを3つ使った練習です!

ウサギくん

カエルくん

わくわく

3ボールカスケード100キャッチを目指そう

まずはフラッシュ【3キャッチ】

フラッシュとは、使うボールと同じ数だけキャッチすることを言います。

カエルくん

つまり3キャッチだね! できそう!
試しにやってみましょう

ウサギくん

3ボールジャグリング フラッシュ

テンポよく投げてみましょう。

カエルくん

あ! できた!
投げ始めの手は利き手でOK?
最初はあまり意識しなくていいのですが、投げ始めの手を入れ替えて練習してみることも上達につながります。

後々4つ、5つと投げるボールが増えると、非利き手にもボールを2個持って投げ始めることになります。

気が向いたときでも良いので、どちらの手からでも投げ始めができるように練習してみましょう。

今後の練習で伸び悩んだら、こういう練習を挟んで気分転換的に試してみるのもおすすめです!

ウサギくん

次はジャグル【6キャッチ】

ボールの数の2倍だけキャッチすることを「ジャグル」と言います。

カエルくん

フラッシュの次はジャグルを目指してみましょう

3ボールカスケード ジャグル

カエルくん

あ、むずいかも…!
ここまでで出てきたポイントを思い出してやってみるのです

ウサギくん

  • 肘はあまり動かさない
  • 目でボールを追わず、ぼんやりと全体を見るイメージで

カエルくん

そっか、ポイントポイント!

目指せ100キャッチ! ひたすらキャッチ数を伸ばそう

ジャグルまでできれば、あとはひたすら数を伸ばすだけです。

その「だけ」が大変ですけど!

ウサギくん

カエルくん

だよね! 100はちょっと遠いぞ…! なんかコツはないの?
ここも結局、ここまでのポイントを思い出すことですね。

ウサギくん

  • 肘はあまり動かさない
  • 目でボールを追わず、ぼんやりと全体を見るイメージで

特にボールの軌道の頂点は視界に入れておくと良いでしょう。

そうすることで落下点がなんとなく把握できるため、キャッチミスを減らせるはずです。


ちょっと横から見てみてください

ウサギくん

カエルくん

ふむふむ

カエルくん

ボールは前後にはあんま動かないものなんだね!
同一平面上に投げることを意識してみてください

ウサギくん

これらを再確認したら、あとはひたすら投げまくりましょう!

投げ終わりはキャッチして終わらせるべき?

カエルくん

いつのまにか平面が歪んじゃう!
投げているボールの軌道が乱れてしまった場合、無理に続けないほうが良いでしょう。崩れそうに感じたら、キリのいいところでしっかり回収してみるのが良いと思います

ウサギくん

カエルくん

なるほどね!

 

余談になりますが、投げ終わりにキャッチする・しないは、目指す所によって今後どちらもありえるのです。

例えば、キャッチ数を追い求めたいなら落とすまで投げ続けるべきでしょう。

ちなみにキャッチ数をひたすら伸ばすことをエンデュランスといいます

ウサギくん

初心者のうちに試してみたくなった場合は、その日の練習の最後に、ぎりぎりまで投げ続けてみるのが良いと思います。

 

また、パフォーマンスとして人に見せることになったらしっかり回収したほうがかっこいいでしょう。

カエルくん、今はとにかくちょっとずつでもキャッチ数を伸ばしていきましょう!

ウサギくん

カエルくん

ひぃーわかった!

おわりに

数日後。

カエルくん

やったー! 100キャッチできた!
おめでとうございます!

ウサギくん

3ボールカスケードは比較的早く習得できる技です。

数日から1週間ほどで100キャッチは達成できるのではないでしょうか(もちろんすぐできる人も、もう少しかかってしまう人もいると思います)。

是非諦めずに地道に投げ込んで習得しましょう。

この3ボールカスケードの先に、ボールジャグリングの素晴らしい世界が無限に広がっているのです!

カエルくん

よし! 次は4つにいくぞ!
その意気です!

ウサギくん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA